横浜のおすすめ名物やグルメ、ランチ情報

横浜とはどのような地域なのでしょうか。横浜の歴史はとても古く、江戸時代には江戸幕府は鎖国を行っていましたが、こちらの地域に関しては鎖国を行わず、唯一、その他の地域、少数の地域と合わせて交易を行っていました。例えばオランダや中国などとの交易です。そのため、多くの文化が流れ込んできた地域であると同時に、他の地方では見ることが出来ない珍しい食文化などもあります。また、オランダや中国との貿易が盛んであったことから、海外からの方も日本を訪れることが出来た入口であり、ペリーが日本に来航し、鎖国が完全になくなるまでは、ほとんどの交易が、こちらの地域などで実施されていました。こういった 背景から、外国の方もとても多く、特に中華系の方々がお住まいになっている印象が強い地域です。
横浜のおすすめ名物やグルメ、ランチ情報
それでは、横浜の名物と言えば、どのようなものが思い浮かぶでしょうか。まず、上記のように交易が盛んであったことから、中国との歴史はとても深く、当時の清朝などとも貿易が盛んでした。そのため、中華街に入れば、満漢全席などを味わうことが出来るグルメスポットなどもあります。
また、横浜中華街はとても有名な観光地であると同時に、おすすめランチが堪能できる場所でもあります。
中華街の歴史はとても古く、現在でも多くの中華系の方々が住まわれていると同時に、多くの珍しい食べ物、グルメ、ランチで有名な場所です。とても高級なレストランであっても、ランチの時間では、低価格でおいしいグルメを味わうことが出来ることから、夜ではなく、昼間の時間帯を狙って、このような高級食材のランチを味わいたい人が訪れることもあります。
有名な満漢全席だけではなく、中華街には、占い師さんがおられる他にも、観光地としてだけではなく、旅人を癒してくれる足裏マッサージなどの施設がある他、中華街ならではの可愛いパンダのぬいぐるみや、中華衣装なども多く置かれているため、ショッピングも楽しむことが出来ます。
食べ歩きとしては、おいしい中華まんなどがある他にも、パンダおまんじゅうなど、かわいい、若者向けのおいしいグルメなどがあり、こうしたことから観光地として中華街をぶらぶらと歩くだけでも、1日を楽しめるようになっています。
また、中国の歴史が好きであればある人ほど、その情緒ある雰囲気から、何度も足を運び、その様子を楽しむ方も多くおられます。また、あまり知られていませんが、朝の中華街もとても美しく、まだ営業などはされていない時間帯ですが、日本とは思えないほどの、とても幻想的な雰囲気を味わうことが出来るため、異国に来たかのような気持ちになることが出来ます。